爪水虫について|爪水虫への最終対策!

爪水虫は生活にたくさんの不便をもたらす病気ですよね。当サイトでは、爪水虫への対策をご紹介いたします。また、爪水虫への人気治療薬もオススメいたしますので、ぜひご参考になってください。

まずは爪水虫から了解しましょう。爪水虫は爪白癬とも言います。水虫(足白癬)を長期間放っておくと皮膚から爪の中へと白癬菌が侵入し、爪水虫(爪白癬)を発症します。爪水虫の症状は爪が白色や褐色に濁り、分厚くなります。爪には神経がないためかゆみや痛みといった自覚症状はありませんが、分厚くなり過ぎると靴を履くときに圧迫され、痛みを感じる場合があります。

では、爪水虫の発病原因といえば何でしょうか。これからは爪水虫の発病原因を探しましょう。水虫の原因である白癬菌は高温多湿の環境を好みますので、多くの場合靴を履いていて蒸れやすい足に発症します。手は基本的に露出していることが多く、蒸れることはあまりありません。足に比べると日に何回も洗うので白癬菌には感染しにくいと言えるでしょう。

では、水虫の治療方法といえば何があるでしょうか。爪水虫で使われる薬は飲み薬です。その飲み薬はラミシールとイトリゾールです。この2種類のどちらかを服用して爪水虫を治します。それぞれ特徴がある薬になりますので、どちらを服用して治療するかはドクターと相談した上で決める必要があります。服用方法が違うにも関わらず、どうして治療期間が同じなのかは爪の伸びる期間が関係しています。

それから、爪水虫に非常に効果がある治療薬をオススメいたします。それは、ラミシールです。

ラミシールとは、カンジタ・水虫の治療として用いられる治療薬です。 塗り薬だけでは完治しずらいといわれている角化型・爪の水虫にも効果的です。主成分であるテルビナフィンは、カビによる菌を殺菌する効果もあり、再発防止にも繋がります。 カンジタ症は、ほとんどが女性がなる症状です。ストレス、免疫低下、睡眠不足、風邪等が原因とも言われています。

579aba6dc2c6d275765489

織物や異臭、かゆみ等の症状がある方は、是非お試し下さい。不妊症予防にも繋がります。また発症前に使用すると、再発防止にも繋がります。

使用方法は簡単で、通常、食後に1日1錠水またはぬるま湯にて服用下さい。症状が緩和されない場合は、かかりつけの医師にご相談下さい。

ラミシールの副作用は主な症状が、刺激感、皮膚炎、発赤等です。 ごく稀に、肝機能障害の症状が報告されています。

以上は爪水虫の基本情報や治療方法をオススメいたしました。どうぞご参考になってください。