爪水虫の原因と治療方法のご紹介

爪水虫とは
爪水虫とは、白癬菌が爪に侵入して起こる真菌感染症です。通常、足白癬を長期間放っておくと、症状が進んで白癬菌が爪の中にまで感染してしまう場合、爪水虫が発症します。日本では爪水虫を持つ人が多いと言われています。爪水虫にかかる初期、痛みやかゆみなどの自覚症状はほとんどありませんが、一般的に爪が分厚くなって、色が濁っていき、爪の形も変形してしまうなどの症状を気づいたとき、悪化している可能性が高いですから、注意してください。

爪水虫の原因と感染経路
爪水虫の原因というと、根本的な原因は白癬菌が爪の中に発生して増殖してしまうことです。白癬菌は温かく湿った環境が好んでいますが、足先の温度が高いという水虫体質の方、また足の裏に汗をかきやすい体質の方は通気性の悪い熱のこもりやすい靴を履くと、爪水虫になりやすいと認められています。

感染経路なら、白癬菌がついた履物や床、バスマットなどを素足で触れてしまうことによってうつることができます。それで、素足で外出する機会の多い夏場などは特に気をつけてください。

爪水虫の治療方法
爪水虫を引き起こす原因によって治療方法を行うことが重要です。まずは白癬菌の増殖を防ぐために、足を清潔と乾燥に保つことが基本的なことです。それで、通気性のいい靴下を履いて、毎日交換します。靴下を洗う際は、裏返して直接日光に当てることも、白癬菌の増殖防止に効果が期待できます。日常生活習慣の注意の他には、ラミシール錠、イトリゾール錠という内服薬、また爪水虫の外用治療薬を利用することも必要です。