爪水虫の症状|あなたは爪水虫を気付いた?

爪水虫はどんな病気ですか?
爪水虫とは、白癬菌に感染してしまっている病気の一種です。爪水虫の発症は足白癬に密接な関係があります。通常、もし足白癬を長期間放っておくと、皮膚から爪の中へと白癬菌が侵入し、爪水虫になってしまいます。爪水虫の発症部位について、足だけでなく、手に発症する場合もあります。調査によって日本では約1200万人もの人が爪水虫にかかっており、中でも60歳以上の患者が40%以上を占めていると言われています。

爪水虫の原因
爪水虫の原因というと、一般的にすでに足白癬にかかっておる人は爪水虫になりやすいと認められています。また、普段の生活で自分が親しく接触している人は爪水虫に感染している場合、自分は爪水虫に感染するる可能性が高くなります。

白癬菌は温かく湿った場所で繁殖しやすいです。足先の温度が高いという体質を持つ人、特に通気性の悪い熱のこもりやすい靴を履くと、爪水虫を誘発しやすいとされています。

爪水虫の症状
爪水虫の症状なら、症状の初期に爪が厚くなり濁ってきましたが、痛みという症状があまりありません。爪の周りに炎症の症状が進んでいると、痛みを感じることができます。他には、爪水虫になってしまうと爪の表面がボロボロになってしまい、更に爪の表面に筋のようなものがたくさんできます。それで、以上の症状を気付いたら、爪水虫にかかるリスクが高いですから、注意してください。